本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

巨大な従姉妹たちに踏まれることへの恐怖

258 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

「チョコを食べたら身体が小さくなる」という特異体質を持つ主人公・佐藤は、従姉妹の美人三姉妹と一緒に過ごしていた。

ある日、佐藤は従姉妹の一人・まどかに誘われ、彼女たちと一緒にチョコを食べた。すると、佐藤は徐々に小さくなっていくのを感じた。最初は驚いたが、すぐにその状況に慣れ、従姉妹たちとの時間を楽しんだ。

しかし、佐藤にとっては何気ない仕草が、従姉妹たちから見れば小さくなった佐藤が矮小な存在であることに興味を抱かせ、支配欲が掻き立てられた。

佐藤は従姉妹たちが素足で足裏を動かす仕草を見ると、小人視点では巨大なものとして感じ、大きな驚異を感じていた。

一方で、佐藤にとっては巨大な従姉妹たちに踏まれることへの恐怖があるものの、被支配欲やシュリンカーフェチ、サイズフェチ、縮小フェチ、縮小願望との間で揺れ動く心理描写があった。

そんな中、佐藤はまどかの縫工筋や内転筋群を見ると、小人視点ではくっきり巨大に見え、その美しさに酔いしれるような瞬間があった。

佐藤が小さくなるという現象は、従姉妹たちの中では秘密となっていたが、佐藤は彼女たちとの時間を大切にし、何気ない会話や触れ合いを楽しんでいた。

佐藤は従姉妹たちと過ごす日々に夢中になっていたが、ある日、自分が元の大きさに戻ることができなくなってしまった。

従姉妹たちは慌てて佐藤を助けようとしたが、彼女たちには小人を元の大きさに戻す方法は分からなかった。

佐藤は心配しながらも、従姉妹たちとの時間を過ごし、小さな体でも彼女たちとの交流を楽しんでいた。

しかし、ある日、佐藤は偶然、従姉妹たちが小人を大きくするための方法を知ることができた。それは、特殊な魔法の杖を使うことだった。

佐藤はすぐに杖を手に入れるため、従姉妹たちと協力して冒険をすることになった。途中、彼らは巨大な昆虫や動物たちと戦い、危険な場面に遭遇するが、佐藤は従姉妹たちと共にその困難を乗り越えていった。

そして、彼らはついに魔法の杖を手に入れ、佐藤を元の大きさに戻すことができた。

佐藤は従姉妹たちに感謝しつつ、元の大きさに戻ったことで、彼女たちとの交流も改めて楽しむことができた。

その後も、佐藤はチョコを食べると小さくなる体質を持ち続けながら、従姉妹たちとの日々を過ごし、大きな世界を小さな体で楽しんでいった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました