本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

巨大娘の誘惑

巨大娘の誘惑巨大娘・巨大女
941 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

プロフィール設定:
・岡部:小人願望があり、巨大娘に興味を持つ男性。
・サラ:巨大な体躯を持つ女性であり、孤独な日々を過ごしている。岡部に対して独占欲を感じている。

巨大娘をテーマにしたサイズフェチ小説

ある日、主人公の男性・岡部は巨大な娘がいるVRchatのワールドに足を踏み入れた。そこは大都市が広がり、高層ビルが立ち並んでいた。そして、彼女たちの姿が目に飛び込んできた。

岡部は巨大娘との出会いに魅了され、彼女たちとの交流を求めて日々を過ごしていた。ある日、彼女たちの一人であるサラと出会った。

サラは背が高く、巨大な体躯を持つ女性であった。しかし、その体躯とは裏腹に可愛らしい声で話す、温かい心を持った女性だった。

岡部はサラに惹かれ、彼女の話を聞くうちに、彼女が孤独な日々を過ごしていることを知った。彼女は自分と同じような巨大娘との交流を求めていたのだ。

岡部はサラと一緒に巨大娘たちが集まる場所へ案内し、彼女たちと交流するようになった。そこでは巨大娘たちがお互いの大きさを競い合う姿が見られ、岡部はその光景に興奮を覚えた。

しかし、彼の中には自分が小さな存在であることに対する葛藤もあった。そんな中、岡部は自分が小人であることを受け入れ、サラと共に巨大娘たちとの交流を楽しんでいった。

そんなある日、岡部はサラから自分の心情を打ち明けられた。彼女は岡部に対して独占欲を感じているのだ。岡部は戸惑いながらも、サラの独占欲に応えるようになっていった。

彼らの関係は日増しに深まり、岡部は自分が小さな存在であることを忘れ、サラとの交流に没頭していった。

巨大娘の支配下に

岡部は、巨大娘のサラに誘われるままに彼女の手に乗り込んで、彼女の掌の上を歩いていた。岡部は、サラの手の上で小さく感じ、自分が巨大娘の支配下にあることを実感した。

サラは、岡部を自分の顔の前に持って行き、彼に微笑んで言った。「岡部くん、私たち、一緒に楽しみましょうね」

サラは、岡部を手のひらから舌で舐め、その後、彼を口の中に含んでしまった。岡部は、暖かく湿った空間に包まれ、巨大娘の舌に包まれていることを実感した。サラの舌は、岡部の全身を包み込み、岡部は、快楽に溺れながら、彼女の口の中で動いた。

しばらくして、サラは岡部を口から出し、彼を再び手のひらに置いた。「岡部くん、私たち、もっといろいろなことをしましょうね」と彼女は言った。

岡部は、恍惚とした表情を浮かべ、サラの手の上で微笑んだ。彼は、彼女の言葉に従い、彼女の手の中で様々な遊びを楽しんでいった。

彼女の手の中で、岡部は、自分が小さく、巨大娘の支配下にあることを感じ、それでも彼女の手の中で幸せな時間を過ごした。

翌日、岡部は、サラに再び会いに行くことを決めた。彼は、彼女の手の中で自分が小さく、彼女の支配下にあることを受け入れ、彼女との時間を楽しむことに決めたのだった。

彼女との時間・巨大娘に押しつぶされそうになった僕

「もう、だめ……っ!」と叫んで、彼女は腰を震わせ、僕の体を揺らし始めました。その瞬間、彼女から発せられる巨大な気圧に押しつぶされるように、僕は強烈な快感に襲われました。

「あああ……もう、限界……っ!」

彼女はさらに激しく腰を振り、僕の体を揺らし、最後に大きな吐息を吐き出しました。同時に、彼女から発せられる圧力が急激に弱まり、僕は自由になりました。

彼女は疲れたように息を切らし、座り込んでいました。彼女の周りには、彼女が放つ圧力の影響で、床にへこみができていました。

「……すごかったよ、あなた。こんなこと、初めてだった……」

彼女は微笑んで言いました。その微笑みには、僕のことを大切に思っているという気持ちが込められているようでした。

「でも、もうちょっとで、本当に押しつぶされるところだったよ。もう少し気をつけてくれないと……」

僕は彼女に告げました。彼女は少し照れくさそうにしながら、笑いました。

「ごめんね。でも、あなたが喜んでくれたなら、それで良かったんじゃない?」

彼女は僕に向かって微笑みました。その微笑みには、彼女の心からの愛情が込められているようでした。

巨大娘に押しつぶされそうになった僕は、彼女の愛情に救われたのでした。

巨大な体に圧倒されながらも

彼は、その言葉に囚われていた。彼女は、彼に何かを訴えたかったのだろう。彼女の言葉には、何かしらの意味が込められているに違いなかった。

彼女は再びその場所に座り、彼に顔を向けた。「あなたが私を見る目が好きなの。」と彼女は微笑んだ。

「それは、あなたがとても美しいからです。」と彼は答えた。

「それだけ?」と彼女は尋ねた。

彼は深く考え、そして続けた。「あなたは、私の心を掴んでいる。あなたの存在自体が私を幸せにしてくれる。」

彼女は微笑み、彼に寄り添った。「私もあなたを幸せにしたいの。」

その瞬間、彼女は彼を抱きしめ、唇を重ねた。巨大な体に圧倒されながらも、彼はその熱に心を溶かされていった。

【サイズフェチ関連】以下もぜひお読みください!

サイズフェチマンガと巨大な女体の不思議な魅力
サイズフェチの小説 ? 女子校生と小人の学校生活
VRChatで出会った巨大娘に恋をした男の悲劇的な末路
VRchatの仮想世界で叶えたい、サイズフェチの恋愛
VRchatで叶えたサイズフェチの恋
巨大娘をテーマにしたサイズフェチ小説
三度の飯より好きサイズフェチが好き。
異星からの巨人女性?宇宙の視点から
足下から見上げた恋心
メタバース+サイズフェチ:未来の夢か、現実の可能性か?
シュリンカー小説
サイズフェチ
サイズフェチVR動画&小説・シュリンカーゲーム・巨大娘・巨人と小人のエロ画像SS【こびとめせん】
サイズフェチVR動画・巨大娘・シュリンカーエロ画像
エロすぎるシュリフェチ満載のおすすめサイズフェチ漫画
このサイズフェチVR動画はおすすめでした!足裏や脚登り、しゃがみパンツなど
人間は13センチ。アニメとサイズフェチとシュリンカー動画に思うこと。
VR技術が発達し五感を再現したフルダイブ型が普及すればシュリンカー願望は実現する。
VRの可能性とバーチャルセックスとVRChatのアダルトな未来にドキドキした
サイズフェチ動画とVRChatでの巨大娘のバーチャル体験がエロすごい
巨大娘とえすえっちさん
シュリンカーフェチ
巨大娘がきっかけでVRChatに興味を持つ人口が増えると良いな
巨大娘が小人をパンツの中に入れる描写について考える
縮小学園のエロさと最近の巨大娘VRChatやサイズフェチゲームに驚いた!
巨大女や巨大娘、シュリンカーフェチとサイズフェチという特殊性癖
宝の山だね。オナニーネタ妄想。パンツに入れられるシュリンカーVR動画
縮小ホテルのクレマって?サイズフェチゲームのシュリンカーで初見!
サイズフェチゲームでおすすめな巨大娘&シュリンカーモノ(縮小学園や縮小病棟ほか)
巨大娘VRとVRChatのエロさに希望がもてた!
内視鏡VRで人体内の巨大美女に出会える!? VR技術がもたらすサイズフェチの新たな世界
身体のサイズが自由自在!サイズフェチが駆け巡るメタバースの未来
メタバースとサイズフェチの未来
メタバース+サイズフェチ:未来の夢か、現実の可能性か?
小人化願望と巨大女子との恋愛模様
小人化と動物愛、VRchatの世界で織りなす愛の物語
ピンクな誤算
ピンクな誤算 小さな冒険の続き
小人の冒険者と巨大娘 VR-シュリンカーの大きな運命-
シュリンカー小説・微少なる想いとパンツの誘惑
シュリンカー小説・微細な奇跡と共鳴する絆
シュリンカー小説・縮まった奇跡
シュリンカーパラダイス
シュリンカーパラダイス メタバースの奥深く
独り占めしたい。
巨大娘の誘惑

コメント

タイトルとURLをコピーしました