本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

縮小されてしまった小人の悲劇

304 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今回は彼が出会った巨大娘との運命の出会いを描く。

小人の名前は田中太郎。

あの日から彼は、女子高生・美咲の足裏の中で生きている。

夜になると美咲が布団をかぶると、彼の住処である足裏は真っ暗になり、彼は不安になる。

そんな彼の前に、ある日巨大な女性が現れた。彼女の名は華子。

彼女は170cmを超える大柄な女性で、身体中が筋肉でできていた。

彼女は、自分をボクシングの選手だと言い、小人の田中太郎に興味を示した。

田中太郎は、自分が女子高生の足裏の中にいたため、一度も女性と会話をすることがなかった。

しかし、彼女の魅力に抗えなかった。彼女の足元には、たくさんの砂や小石が散らばっていた。

田中太郎は、その中に落ち込んでしまい、華子の足裏を踏みつけられることになった。

「あなたは弱そうだね。私がしっかり鍛えてあげるよ」と、華子は田中太郎を言い包んだ。

彼女は、自分が巨女フェチであることを語り、田中太郎に彼女の世界を見せることを決めた。

二人は縮小学園外伝にあるような巨大な街に到着し、華子は自分が座っているベンチに座った。

田中太郎はそのまま華子の足裏にいたため、華子の重量が彼の身体を圧迫し、彼の体は軽くたわんだ。

華子は彼女の足を広げ、田中太郎を乗せた。

彼女は自分の足の間で彼を踏みつけ、踏みにじった。

彼女の足裏は、バスのように巨大で、彼女の足はしっかりと地面に付いていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました