本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

縮小病にかかった男と、大きな女の子との恋物語

155 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

主人公の藤田は、ある日突然身体が縮んでしまった。原因は縮小病だった。藤田は今や小人の一人で、普通サイズの女の子たちは、彼が小さくなってしまったことに気づいていない。

ある日、藤田は公園で大きな女の子、リナに出会う。彼女は藤田のことをほとんど気にしていないが、藤田は彼女に心を奪われてしまった。彼女の動く足裏や、素足が小さな藤田にとっては大きな驚異だった。彼女がしゃがむと、藤田は彼女のパンツの布の繊維の網目までがはっきりと大きく見えた。

しかし、藤田がリナに恋をすることは、リナの「支配欲」を掻き立てることになった。リナは彼を支配することで、自分の優位性を感じることができた。一方、藤田はリナの圧倒的な存在感に怯え、同時に彼女の優しさに救われた。

藤田とリナは、その後も出会い、お互いの心を通い合わせていく。藤田は縮んでしまったことを悲しむこともあるが、リナがいることで彼の生活は彩られるようになった。

「おい、藤田、こっち来てよ」と、リナが声をかける。藤田は小さな足で走り、彼女の足元にたどり着いた。「何か用?」と、藤田は聞いた。

「いや、ただ話したいだけ。ねえ、藤田、私が一番好きな動物って何だと思う?」と、リナは微笑む。

「なんだろう、猫?犬?」と、藤田は考え込んだ。

「違うよ。私が一番好きな動物は、こう、小さなもの。例えばアリとか、蟻とか」と、リナは答えた。

「小さなもの、か。そうだな、俺に似てるってことかもしれないな」と、藤田は笑った。

「もう、あなたって本当にいい加減だわ。」と、リナは怒り心頭で口を開いた。

主人公の男は頭を下げ、謝りながら、「ごめんなさい、でも本当に、あなたが足を前に出した時なんか、俺、もう、ヒヤヒヤするんだ。」

リナは深くため息をつき、「でも、私だって気を付けてるわ。でも、そんなことばかり言われても、私も疲れるのよ。」

主人公の男は恐る恐る口を開いた。「リナ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど。」

「何?」と、リナは興味津々で尋ねた。

「俺、もし縮小人間じゃなかったら、リナにはこんなに近づけなかったのかなって、考えちゃうんだよね。」

リナは思わず笑ってしまった。「本当に、あなたって、それで悩んでたの?」

「うん、悩んでたよ。」と、主人公の男は恥ずかしそうに答えた。

リナは笑いながら、主人公の男の顔を見つめた。「あなたが縮小人間じゃなかったら、私は、そもそもあなたに出会わなかったのよ。」

「えっ?そうなの?」と、主人公の男は驚いた表情を浮かべた。

「うん、そうなの。だって、あなたが普通の大きさだったら、私とは全然出会えなかったもん。」と、リナは優しく微笑んだ。

主人公の男は、リナが言う言葉の意味を理解した。そうか、自分が普通の大きさだったら、この素晴らしい女性とは出会えなかったんだ。と、主人公の男は感慨深い気持ちに包まれた。

「ありがとう、リナ。」と、主人公の男は深く頭を下げた。

リナは主人公の男に手を差し伸べ、彼を優しく励ました。「もっと自信を持って、あなた自身を大切にしてね。」

主人公の男は、リナの手を握りしめ、今まで感じたことのないほどの幸福感に包まれた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました