本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

小さくなった世界

240 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ある晩、私は夢で不思議な世界に迷い込んでしまった。そこは私の日常とは全く異なる場所で、何かが違うことを感じた。私は自分自身が小さくなったように感じ、周りの物や建物も異様に大きく見えた。

不安に駆られた私は、周りを見回していると小さな男の子が私に近づいてきた。彼は微笑みながら私を見て、何かを語りかけてくるように見えた。しかし、私が彼に話しかけようとすると、彼は一瞬で姿を消してしまった。

私は彼を追いかけるようにして、小さな道を走り続けた。すると、私の目の前に広大な森が広がっていた。私は躊躇することなく森に入っていった。

森の中は、驚くべきことに、私が小さくなった分だけ美しく見えた。小さな花や草木が私の周りに咲き誇り、葉っぱの隙間からは陽光が差し込んできた。

しかし、私はまだ不安な気持ちが残っていた。私がどこにいるのか、どうやって元のサイズに戻るのかを知りたかった。

そんな中、私は小さな川を発見した。その川を辿っていくと、小さな洞窟があった。私は勇気を振り絞り、洞窟の中へと入っていった。

すると、洞窟の中には神秘的な輝きがあった。私はその輝きに引き寄せられるように進んでいき、一つの宝石を発見した。私はその宝石を手に取ると、自分が元のサイズに戻っていることに気づいた。

その後、私は不思議な世界を後にして、目が覚めた。私が夢で見た世界が本当に存在したのかどうかは分からないが、その経験は私に大きな影響を与えた。私は今でも、その夢で見た世界の美しさと神秘性を思い出すことがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました