本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

シュリンカーフェチ!義体愛好家の恋人たち

111 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

VR技術が成熟し、五感を現実にフィードバック可能なフルダイブ型VRが普及した世界で、縮小義体による現実拡張が可能となった。主人公男はシュリンカーフェチという特殊な性的欲求を持っており、小型義体を使って彼女との擬似的な縮小プレイを楽しんでいる。

縮小義体に意識を移して、小さくなった主人公男は、彼女の足元で見上げると、圧倒的な巨大さに驚嘆する。彼女は彼の小さな存在に気づいているか分からないが、歩く度に地響きのような衝撃や突風が起こる。

主人公男は、地面からの背丈数センチの高さから見上げる世界は、平常時とはまるで違う視覚的な体験だと感じていた。彼は、普通サイズの人間が歩いたり話したりする様子が、小さな自分にとってはとても大きな出来事として迫ってくる。

そんな中、主人公男は彼女との距離感に苦悩する。小さな存在である自分が、彼女にとってはただの「おもちゃ」に過ぎないと思い込んでいた。だが、彼女の言動から、それが違うことに気づく。

「あなたが小さくなっても、私はあなたを大切に思っているんだからね」と、彼女が主人公男の小さな手を包み込むように言う。

彼女の優しさに触れ、主人公男は彼女に惹かれていく。小さくなった自分を愛してくれる彼女に、彼は心を奪われていた。

しかし、ある日、主人公男は義体が壊れてしまい、小さな世界から戻されることになる。彼は、彼女との縮小プレイが終わることを悲しみ、彼女への想いを告白する。

「君が僕を小さくしてくれるのは、シュリンカーフェチだけじゃなくて、君が好きだからだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました