本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

フルダイブ型VRが普及した近未来の世界。

231 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

フルダイブ型VRが普及した近未来の世界。主人公の男性は、マイナーな性癖であるシュリンカーフェチを持っていた。しかし、現実ではその欲求を満たすことは難しく、彼は自分の性癖を周囲に明かすこともできなかった。そんなある日、彼は最新のフルダイブ型VRによって、自分の夢であったリアルなサイズフェチ・シュリンカープレイが実現できることを知る。

彼は自分の彼女にその話を持ちかけ、彼女は理解を示し、一緒に体験することを決めた。彼女は自分自身を小さくする必要はなく、普通の人間の大きさで、彼氏から見ると巨大に見える設定でVRに入ることにした。

「ここが私たちのおうちか。」巨大な彼女が住むアパートを男性は驚きながら見上げた。

「うん、この部屋が私たちのリビングルームだよ。」彼女は優しく微笑み、男性を招き入れた。

男性は自分が小さくなった義体に意識を移し、彼女の足元から彼女を見上げる。彼女は普段と同じように話しかけ、笑い、過ごす時間だが、男性にとってはこれまで以上にリアルで刺激的なものだった。彼はVRの世界に溺れ、彼女に触れるたびに五感がフィードバックされる快感に満たされていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました