本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

彼女もまたサイズフェチ

263 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

近未来の世界で、フルダイブ型VRが普及し、人々は現実にはあり得ない体験を楽しんでいた。そんな中、主人公の男性はサイズフェチとして、自分が小さくなった世界を体験することに夢中になっていた。彼はその欲求を満たすため、メタバース上のサイズフェチコミュニティに参加していた。

ある日、彼はそこで彼女と出会った。彼女もまたサイズフェチであり、理解がある相手を探していたのだ。二人は意気投合し、フルダイブ型VR上でのリアルな縮小プレイを楽しむようになった。

「すごいね、本当に小さくなったみたいだ」と彼女が言う。

「そうだろう?五感が再現されているから、現実にはない体験を楽しめるんだ」と彼が答える。

しかし、彼らのプレイにはある問題があった。彼女は主人公が小さくなった状態を見ることができるが、主人公は彼女が巨大化した状態を見ることができなかったのだ。そんな中、彼女はある提案をした。

「え、それって大丈夫なのか?」と主人公が心配そうに尋ねる。

「大丈夫よ、私たちなら問題ないわ」と彼女が微笑む。

そして、彼女の巨大さに圧倒されながらも、主人公は幸せな気持ちに包まれた。

「やっぱり、君と一緒にいると幸せだな」と主人公が言う。

「私も、君と一緒にいると幸せよ」と彼女が微笑む。

彼らはメタバース上で、リアルなサイズフェチ・シュリンカープレイを楽しんでいた。今後も二人は、新たな体験を求めてフルダイブ型VRの世界を冒険していくのだった。

フルダイブ型VRが普及した未来、主人公の男性はサイズフェチのマイナーな性癖を持ち、それを彼女に打ち明けた。彼女は理解がある上、VR技術が進化した現代では夢にまで見たサイズフェチプレイが実現可能になっていた。主人公は自らの意識を小型義体に移し、彼女とのリアルなサイズフェチ・シュリンカープレイを楽しむことができるようになった。

「すごいね、ここまで五感まで再現できるんだ」彼女が驚きながら言う。

「そうだよ、全身に電気刺激が走る感覚とか、本当にリアルなんだ。」主人公が答える。

「でも、私が普通の大きさでいると、君にとっては小さくないとダメなんでしょ?」彼女が尋ねた。

「そうだけど、君が普通の大きさでも、僕から見ればまるで巨大だから。」主人公が嬉しそうに笑う。

彼らは、現実の世界では叶えられない願望を、フルダイブ型VRの世界で満たすことができた。このリアルなサイズフェチ・シュリンカープレイは、二人の間に新たな刺激とロマンをもたらした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました