本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

女性たちが次々に巨大化していくというハプニング

209 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

前作で縮小された主人公、信太郎は、再び魔法によって元の身長に戻ることができた。しかし、その喜びもつかの間、彼は新たなトラブルに巻き込まれることになる。

ある日、信太郎は大型ショッピングモールで買い物をしていた。そこで彼は、前回と同様の魔法を使った女の子、美月に再び出会う。彼女は信太郎を再び縮小させようと試みるが、失敗に終わる。

しかし、その時、美月の魔法が暴走し、モール内にいた女性たちが次々に巨大化していくというハプニングが発生してしまう。その中には、信太郎が以前から持っていた巨女フェチの性癖を刺激する、素足がバスのように巨大な女性もいた。

信太郎は、大きくなった女性たちの足裏を見上げ、興奮を隠しながらも、彼女たちの安全を守るために奮闘する。その中で、再び縮小された信太郎は、巨大な女性たちの足元で彼女たちの踏まれる危機に直面することになる。

信太郎は自分が縮小した時のことを思い出し、縮小フェチの彼女、美月に再び魔法をかけてもらい、今度は巨大な女性たちの足裏に隠れながら助けを待つことにする。しかし、彼女たちの足裏は信太郎が想像していた以上に巨大で、彼女たちの歩くたびに揺れ動き、信太郎を大きな衝撃が襲う。

信太郎は縮小されたまま、巨大娘に踏まれるかもしれない恐怖と、縮小願望やマクロフィリアなどの性癖に苛まれながら、なんとか彼女たちの足裏に隠れていた。そして、彼女たちのパンツに目が止まってしまい、被支配欲と巨女フェチが同時に刺激された。

結局、美月の魔法が元に戻ったことで、女性たちは元の身長に戻った

コメント

タイトルとURLをコピーしました