本ページはプロモーションが含まれています
「広告」

小さな愛の世界

小さな愛の世界シュリンカー小説
392 Views

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

小人視点から見る世界の圧倒的な世界観や心理描写を表現するために、小さな主人公が彼女の腕の中で揺れ動く風景や、彼女の足が机にぶつかって本当に怖かった。そんな小人の男の物語。

主人公の名前は「佐藤 聖人(さとう せいじん)」、彼女の名前は「松本 愛(まつもと あい)」としよう。

佐藤聖人は、小型ロボットに意識を移して擬似的な縮小プレイを楽しむ中で、ますます松本愛に惹かれていった。

「あの、愛ちゃん、今日は何する予定?」

「聖人くん、今日は何か特別な予定があるわけじゃないのに、そんなに早くから何か用事でもあるの?」

佐藤聖人は、松本愛と一緒に過ごしたい気持ちが募っていた。

「いや、別に用事があるわけじゃないんだけど、一緒に過ごせたら嬉しいなって思って」

「あら、聖人くん、今日はいいわね。私もちょうど暇だったから、何か一緒に楽しいことしようか」

松本愛の返事に、佐藤聖人は一瞬顔を輝かせた。

「ありがとう、愛ちゃん。じゃあ、今から行こうか?」

佐藤聖人は、小型ロボットに意識を移し、松本愛が待っている場所に向かった。

すると、そこには愛ちゃんの手のひらがあった。

佐藤聖人は、小型ロボットとして松本愛の手に乗り、彼女が歩くたびに激しい地震のような揺れが走ることを感じた。それでも、彼女の温かさや安心感に包まれていた。

松本愛が、公園についたところで、佐藤聖人は小型ロボットから元の身体に戻った。

「さあ、何しようか?」

松本愛は、佐藤聖人に笑みを向けた。

「うーん、どこかおいしいものでも食べに行きたいな」

「それなら、私が前に行ったことがあるとっておきのカフェがあるの。そこ、すごく雰囲気がいいから、きっと聖人くんも気に入るはず」

「あぁ、俺、めっちゃ小さいなぁ…」と主人公は言った。

「ええ、でも大丈夫。私が守ってあげるから」と彼女は優しく微笑んだ。

主人公は小さな手で彼女の指先につかまり、彼女の手を握って抱きしめた。彼女の手は柔らかく、その手のひらに包まれた主人公は、彼女の大きさに圧倒された。

「いい匂いがするよ。君、何かいい匂いの香水使ってる?」と主人公は尋ねた。

「うん、使ってるよ。君も嗅いでみる?」と彼女は主人公に香水を嗅がせた。

主人公は小さな鼻で香水の香りをかぎ、目を閉じて微笑んだ。「いい匂いだな」と言った。

彼女は主人公を抱き上げ、部屋の中を歩き回った。小さな主人公は、彼女の腕の中で揺れ動く風景を楽しんでいた。

その時、突然、彼女の足が机にぶつかった。机の上に置かれていた本が落ちてきた。小さな主人公は、本の影響を受けて揺れ動き、彼女の腕の中で苦しそうにもがいた。

「大丈夫?何か痛かった?」と彼女は心配そうに尋ねた。

「いや、大丈夫。ちょっと揺れただけだよ」と主人公は笑顔で答えた。

彼女は彼を優しく抱きしめ、心配そうに見つめた。小さな主人公は、彼女の温かさに包まれ、幸せな気持ちになった。

その後も彼らは、小さな主人公が彼女の腕の中で揺れ動く中、楽しく過ごした。彼女は、小さな主人公を守るために、彼を手のひらで運び、そっと抱きしめた。小さな主人公は、彼女の大きな手のひらに包まれ、その優しさに癒された。

数日後

「本当にすごいわね、この技術。こんな小さくなれるなんて、驚きよ」と彼女は興奮気味に話した。

主人公は微笑んで頷いた。「うん、でもそれ以上に君がいることが驚きだよ。君がいなかったらこんなことにはならなかったし、こんなに楽しい時間を過ごすこともできなかった。本当に感謝しているよ」

彼女は照れ笑いを浮かべながら、「私もね、あなたがいてくれるから楽しいのよ」と答えた。

小型ロボットの中での会話だが、二人の愛情は本物であることは伝わってくる。

「でも、もうそろそろ元に戻らなきゃね」と主人公は言った。

「そうだね。でも、戻る前にもう少し楽しもうよ。私たち、まだ一緒に遊べる時間があるんだもの」と彼女は提案した。

主人公はうなずいた。彼女の提案にはいつも心が躍る。小型ロボットでの遊びは二人にとって特別なものであり、時間がたつのを忘れてしまうほど楽しいものだった。

二人はその後、小型ロボットの中で遊び続けた。彼女が掌で主人公を運んだり、主人公が彼女の髪の毛にしがみついたり、様々な遊びを楽しんだ。

【サイズフェチ関連】以下もぜひお読みください!

サイズフェチマンガと巨大な女体の不思議な魅力
サイズフェチの小説 ? 女子校生と小人の学校生活
VRChatで出会った巨大娘に恋をした男の悲劇的な末路
VRchatの仮想世界で叶えたい、サイズフェチの恋愛
VRchatで叶えたサイズフェチの恋
巨大娘をテーマにしたサイズフェチ小説
三度の飯より好きサイズフェチが好き。
異星からの巨人女性?宇宙の視点から
足下から見上げた恋心
メタバース+サイズフェチ:未来の夢か、現実の可能性か?
シュリンカー小説
サイズフェチ
サイズフェチVR動画&小説・シュリンカーゲーム・巨大娘・巨人と小人のエロ画像SS【こびとめせん】
サイズフェチVR動画・巨大娘・シュリンカーエロ画像
エロすぎるシュリフェチ満載のおすすめサイズフェチ漫画
このサイズフェチVR動画はおすすめでした!足裏や脚登り、しゃがみパンツなど
人間は13センチ。アニメとサイズフェチとシュリンカー動画に思うこと。
VR技術が発達し五感を再現したフルダイブ型が普及すればシュリンカー願望は実現する。
VRの可能性とバーチャルセックスとVRChatのアダルトな未来にドキドキした
サイズフェチ動画とVRChatでの巨大娘のバーチャル体験がエロすごい
巨大娘とえすえっちさん
シュリンカーフェチ
巨大娘がきっかけでVRChatに興味を持つ人口が増えると良いな
巨大娘が小人をパンツの中に入れる描写について考える
縮小学園のエロさと最近の巨大娘VRChatやサイズフェチゲームに驚いた!
巨大女や巨大娘、シュリンカーフェチとサイズフェチという特殊性癖
宝の山だね。オナニーネタ妄想。パンツに入れられるシュリンカーVR動画
縮小ホテルのクレマって?サイズフェチゲームのシュリンカーで初見!
サイズフェチゲームでおすすめな巨大娘&シュリンカーモノ(縮小学園や縮小病棟ほか)
巨大娘VRとVRChatのエロさに希望がもてた!
内視鏡VRで人体内の巨大美女に出会える!? VR技術がもたらすサイズフェチの新たな世界
身体のサイズが自由自在!サイズフェチが駆け巡るメタバースの未来
メタバースとサイズフェチの未来
メタバース+サイズフェチ:未来の夢か、現実の可能性か?
小人化願望と巨大女子との恋愛模様
小人化と動物愛、VRchatの世界で織りなす愛の物語
ピンクな誤算
ピンクな誤算 小さな冒険の続き
小人の冒険者と巨大娘 VR-シュリンカーの大きな運命-
シュリンカー小説・微少なる想いとパンツの誘惑
シュリンカー小説・微細な奇跡と共鳴する絆
シュリンカー小説・縮まった奇跡
シュリンカーパラダイス
シュリンカーパラダイス メタバースの奥深く
独り占めしたい。
巨大娘の誘惑
バーチャル・サイズフェチ
メタバースの恋人
仮想空間で出会った宇宙人の巨大娘との冒険
巨大女性ゼロとのシュリンカーモノ冒険記
異星からの巨人女性?宇宙の視点から
宇宙船サバイバル大作戦!
小人化冒険物語:メタバースの恋人たち
小人になりたい願望と巨大娘好きの恋物語
足下から見上げた恋心
VRChatで遭遇した巨大娘に恋をして
小さな恋の大冒険?学校の秘密?
ヒカルとアキラのフルダイブ小人体験
仮想世界のサイズ差恋愛物語・小さな君と大きな私
フルダイブラブ
【メタバース×VR×VRchat】サイズフェチが実現するアダルトな巨大娘の世界
サイズフェチのラブストーリー
おおっ!すごい、こんなに小さいんだ
【彼の身長は13センチ】巨大娘フェチの小人男子が縮小フェチの女の子に食べられる!?
【彼女はマクロフィリア】そこは縮小フェチたちが集まる場所で、真也はシュリンカーフェチだった。
小さな愛の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました